「安売り」以外の「欲しくなる理由」を発信してほしいデス。

カテゴリー:
タグ: ,

朝から事務所近くに集結してくる
たくさんの消防車に焦りました。

けが人が出ていませんように。。。

残念なPOP

週末、あるコンビニエンスストアで見かけてしまったPOP

とっても残念な感じ。

安売りPOP

よく見かける系ではありますが、

「現品限り 30%OFF」

これは、「はやく処分してしまいたい」ってことですよね。

コピー用紙に、赤いボールペンで書かれた。

しかも「OFF」の文字は若干詰まっていて、
残りのスペースに無理に書き込んだ感まで見えてしまいます。(^^;)

「手書き」の良し悪し

「手書きPOP」の良さは、「一点モノ」を直感させるところが
第一にあります。

量産できる「印刷物」ではなく、
「それを書いた人」の存在が感じられる「手書き」
ある種の特別感が伝わるところが良い所です。

だからこそ「手抜き」は「それも伝わる」のです。

手書きのコワい所でもあります。

手書きはあるレベルの「完成度」を目指さないと、
「学芸会」になってしまいます。

子供たちの「一所懸命」が作品となる本物の「学芸会」は
ほほえましく、作品への視線は温かいものになりますが、

「販促物」として掲出する「POP」が
学芸会レベルだとちょっと笑えません。

頑張ったうえでのアンバランスは高度な笑いを誘いますが・・・
(完成度の高いミス、例えばきれいな文字の誤字など)

つまり、ある程度の「ビジュアル」の完成度を目指した跡を
感じさせるべきなのです。

「口実」を考える

そして「伝える内容」もただ「値引き」だけではなく、
なんかしらの「口実」をつけてもらいたい。

先ほどの「30%OFF」実は、、、

バレンタイン投げ売り

バレンタインチョコの「在庫処分」でした。

さらに物悲しいですよね。

金色のゴージャスなパッケージが余計に
悲哀をまとう感を増幅させると思うのは僕だけでしょうか・・・

だから「口実」をPOPに書いてほしいな。と。

「味見用なら今でもいいじゃないですか」

とか、

「『返品』を来週まで待ってもらいました。
 タイミング遅れ分、買い足しのチャンス!」

とか、

「『自分用チョコ』まで放出してしまったあなたへ」

など。。。(笑)

買う時の「言い訳」の「例文」みたいですね。(^^;)

POPは「買う理由」を伝えるツール

プライスカードは値段を伝えるツールです。

「値引き」も「プライス」ですから、
「最後の一押し」には有効かもしれません。

でも、「安く」ても買わないモノはいっぱいありますよね。

「安いからとりあえず買っておこう」
そんな時代ではありません。

まず「欲しくなってもらう」ってコトが重要です。

販促物でできることは

「欲しくなってもらう」ところまでです。

「買うか買わないか」はお客様次第。

だからこそ、まずは

「選んでもらうための口実」を「欲しくなる」への変換をして
POPなどで発信することが大切なのです。

自分たちの都合を発信していないか注意してみてくださいね!

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

ライズマーケティングオフィス株式会社
田中みのる

ホームページ http://www.minoru.co
フェイスブック facebook.com/tanakaminorurise
ツイッター twitter.com/minorurise

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*