アタマで理解し、ココロで把握する。「ハッ」とする瞬間は尊い。

出張が続いております。
昨日は東京、今日は広島、明日も東京、
んで仙台。その後東京。
今週も、豪華なサンドイッチです(笑)

ありがたいこっちゃです。

さっきまで「バレンタイン」をテーマにブログを書いていたんですが、
完成間近のところで、

とあるメッセージがPCの右下にちらりと、、、

「おはようございます
 みのる先生、突然ですが
 聞いてください!」

「気づいた」そうです。

メッセージをくださった方は、
コンサル先の会社のweb部門の責任者の方です。

文章力も高く、スタッフや
お客様とのコミュニケーション能力も抜群な方です。

そして基本的にいつもクールで
何があっても取り乱すようなことのない方・・・。

そんな方から、

ちょっと興奮が伝わってくるような書き出しの
冒頭のメッセージ。

詳しい内容は当然書けませんが、

彼女が「気づいたポイント」とは、、、

顧客は減少傾向である

  ↓

「集客」に頭をひねっている現状

  ↓

そもそも客数減るってことは自分たちって必要なのか?

  ↓

行き着くとこ、うちの会社の存在意義て何なん?

  ↓

(もやもやもやもやもやもや)

  ↓

「あなた(お客さま)の生活シーンのここ!に、お役に立てるよ!」
って発信したいです。

とこんな感じで、「結論が自分の中ではっきりした」のだそうです。

「今頃?」なんてことはない

メッセージは、

「今頃?ですけど、
 頭じゃなくて腑に落ちた感じなのです」

と締めくくられていました。

「今頃」なんてことはありません。

「ご自身が納得した瞬間」が一番尊い瞬間です。

今後お客様に向けた「発信」は必ず「芯が通る」ものになります。
だって「根っこ」を掴んだのですから。

コンセプトを大切にする

企業研修をしていると、
初期は「販促テクニック」のチェックからになりますが、

回を重ねていくと、「企業の姿勢」にテーマが収束していきます。

「コンセプト」や「理念」と言われるものです。

これを突き詰めるのは形のないものを掴もうとする時間になるので、
よほど「真剣な人」でないと向き合いにくいです。
(「経営者」の層はこの重要性を肌で感じている人が多いです)

しかし、「ここ」をちゃんと乗り越えていくと、
「新たな視界が開ける」感じがするんです。

「自分たちは自分の仕事を通じて
 世の中に何を提供しているのか?」

そこを掴んでから「考える」販売促進のアイデアは
小手先ではない、「幾段も深いもの」になります。

「その先」「その先」を自然と考えられるようになります。

いつも言うことですが、

「販促物とはコミュニケーションツール」なのです。

ゆえに企業コンセプト理念を深く理解してからの
「販売促進」含む、「お客様への情報発信」は
より深く素敵なものになっていくのです。

アタマで理解し、ココロで把握する。

これからの販売促進含む企業活動は、
ここが大切なポイントになると思うのです。

朝から素敵なメッセージのおかげで僕もうれしいです。

なにより「気づき」の瞬間に立ち会えたような気すらして・・・
コンサル冥利に尽きます!!!

喜びって伝染しますね。ありがとうございます!!

ライズマーケティングオフィス株式会社
田中みのる

ホームページ http://www.minoru.co
フェイスブック facebook.com/tanakaminorurise
ツイッター twitter.com/minorurise

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*