今年の恵方は「南南東」・・・以外の「情報」も「文化」としてしっかり伝えて欲しい!!

カテゴリー:
タグ: ,

鬼は外!!福は内!!!

なんて声はあまり聞こえては来ないですね。(*^▽^*)ゞ

明日は節分。

昔住んでいた家の近所では、
わりと「節分の豆まき」は盛ん(?)で、
翌日の朝、路上に結構「豆」が落ちていた記憶があります。

鳩、ラッキー。(。・ω・)

なぜ豆をまく?

節分に豆をまくのは、「魔」をはらうため。
昔、旧正月(節分)の頃、鬼門(北東)の方向から
鬼の姿をして「魔」はやってくると思われていました。

豆をまくのは「魔滅(まめ)」に通ずるから。
そして豆を炒るのも「魔目を射る」になぞらえているとか。

イワシの頭とヒイラギも鬼(魔)除けのアイテムなんです。

鬼の姿も一説によると、「鬼門」の方向に関係があるとか。。。

鬼門は北東。北東は昔の表現だと「丑寅の方角」

ウシとトラ。。。角と虎ジマのパンツ。。。(;^ω^)

ま、とにかく「魔」を祓って、「福」を招く。

コレが豆まき。

古き良き日本を感じさせる文化。(-^〇^-)

「恵方巻」は関西発でコンビニが広めた。

そして節分と言えば「恵方巻」も有名ですね!

発祥は大阪、しかも僕の事務所がある「船場」あたりのようです。

船場の商人が商売繁盛を祈って始めたという説がどうも有力。。

でも昔は「恵方巻」という呼び名ではなかったみたいです。

「節分の丸かぶり寿司」とか「節分巻きずし」なんて呼ばれ方でした。

「恵方巻」という名を広めたのは「セブンイレブン」
全国展開をするにあたりつけた名前が「恵方巻」なんです。
スタンダードになりましたね。

「恵方」を向いて食べる!!

丸かぶりするのは「縁を切らないように」
食べ終わるまでしゃべらないのは「福が口から逃げないように」

というのが一般的。

2018今年の恵方は「南南東」

たくさん食べれないから「ハーフサイズ」の方が
良く売れている気がします。(笑)

今日、明日はコンビニに「巻きずし」が
たくさん並ぶと思います。

一生懸命「POP」を作っているお店もありました。

去年は「売れ残り廃棄」がネットで少し話題になりました。
・・・今年は売れ残らないといいですね。。。

「行事」としての説明文があってもいいのに。

節分に食べる「巻きずし」として販売に力を入れているのは感じますが、
「行事」としての文化の側面はあまり「説明」されていません。

日本の「文化」としての知識も伝達してほしいですよね。

店頭に「恵方」すら書いていないお店も多いです。

「とにかく売らなければ」って感じなんですかね。。。

チラシ一枚でもいいから

「節分」という日本の暦を説明したモノ配って欲しいですね。

それのおかげで「買う」人も出てくるかもしれませんし。

例えば節分以降の「カレンダー」をあえて「旧暦」にして
一緒に配れば「喜ぶ」人もいると思う。

そして、毎年その「旧暦カレンダー」が欲しくて
「その店」の「恵方巻」を買いに来るようになるかもしれない。。。

「モノ売り」だけになって欲しくないですね。。。

そして日曜日は暦の上では春を告げる「立春」

その年の運気の変わり目と言われています。
みなさまに良き流れが押し寄せますように!!!

今日も最後までお読みいただきありがとうございました

ライズマーケティングオフィス株式会社
田中みのる

ホームページ http://www.minoru.co
フェイスブック facebook.com/tanakaminorurise
ツイッター twitter.com/minorurise

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*