152年ぶりの「赤き青い月」を今夜ながめることができます。(皆既月食時刻表付き)

カテゴリー:
タグ: ,

天体とか宇宙とかが大好きです。

小学校低学年の頃、
「宇宙のひみつ」という本が大好きで
何度も何度も読んだ記憶があります。

その時覚えた「8分19秒」という数字。

これは、太陽の光が地球にとどくまでの時間。

つまり僕らは8分19秒前の太陽の姿をいつも見ている。

なんか不思議な感覚ですよね。

ちなみに月までは光の速さで約1秒。
ほんとに近くにある感じがします。(笑)

今夜は超珍しい「皆既月食」が起こります。

タイトルに付けた「赤き青い月」

まずは何が赤いか。
「皆既月食」は地球の大気の影響で赤く染まるんです。

そしてその欠けていく「月」ですが、

今回たまたま「ブルームーン」であるということ。

ブルームーンって言っても色が「青い」わけではなく、
英語の「ごくまれに」や「めったにない」という言い回し
「 once in a blue moon 」から来ています。

なにが「めったにない」のかというと、
1ケ月の間に来る「2回目の満月」が珍しいから。
これを指して「ブルームーン」と呼んでいるのです。

「ブルームーン」を見ると幸せになる。
とも言われています。

そしてさらに「スーパームーン」も重なっています。

こちらはちゃんとした定義はないみたいなんですが、
いつもより「大きい満月」を指します。

これらが重なって、
「ひと月に2回目の大きな満月が赤く染まりながら欠けていく。」

名付けるなら、「スーパーブラッドブルームーン」(笑)

この条件だと、
なんと152年ぶりの天体ショーなのです。

スーパーブルーブラッドムーン

そう言われるとちょっと「見たく」なりますよね。(笑)

スペックで興味を引けることもある

販売促進の現場で、
よく「スペックだけでは選ばれない」なんて聞きます。

専門的過ぎる数字を並べられて
「よく分からない」場合はそうかもしれませんが、

「分かりやすければ」スペックで選ばれる事もありえます。

むしろ「圧倒的なスペックの差」が事実なら
それをちゃんと前面に出すことが選ばれる理由になるはずです。

「その情報」は目をひくインパクトがあるか?

そこをちゃんとチェックすることが大切なんですよね!

今夜の「珍しい月食」のスケジュール

月食のスタートは
20時48分です。
皆既食(月が地球の影に完全に入ってしまう状態)は
21時51分から
23時 8分まで。(1時間17分、「赤い月」が見れるはず。
月食の終わりは
24時12分(2月1日0時12分)

夜のお天気が晴れでありますように!

今日も最後までお読みいただきありがとうございました

ライズマーケティングオフィス株式会社
田中みのる

ホームページ http://www.minoru.co
フェイスブック facebook.com/tanakaminorurise
ツイッター twitter.com/minorurise

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*