「当人」が知らない「つながりの切断」になってなきゃいいけど・・・

カテゴリー:
タグ: ,

そろそろ「お正月気分」は消え去っていく時期ですね。

でも、

今日もポストに「お正月」の残り香が・・・

「返送はがき」

2018年もたくさんの年賀状を送らせていただきました。

「元郵便屋さん」だからというわけではありませんが、

年賀状、可能な限り出そうとしています。
独立して8年目の年を迎え、
今回は約10,000枚差し出すことが出来ました。

毎年増えています。ありがたいです。(-^〇^-)

が、結構な枚数「返送」もされてきます。

ざっと4~500枚返送されてきました・・・
(4~5%だから、そんなもん??)

返送されてくる理由はさまざまですが、

「届かなかった」から返送されてきます。

当たり前ですが、「宛先」を知り得たから
お葉書を送ることができます。
そして、間違いなく「会ったことある人」に送っています。

「着かなかった」という事実から・・・

個人間でも「転居」などで「着かなくなる」という事は
時おりありますが、住所変更に気づくことが出来れば、
また届けられるようになります。

でも「会社宛て」にお送りした場合、
「返送」は「宛先の削除」に直結します。

「退職」などで「返送」は良くあることで、
他にも、「部署移動」などでも返送されてきたりする。

それが当たり前なのかもしれないですが、
ちょっとさみしい気がするのです。

「その人」が「いた場所」でつくった「その人のつながり」が
一定のルールで「切れる」ということが。

 

うまく言えないのですが、
その人がつくった「つながり」も
「その会社の財産」なんじゃないかな?

って思うのです。

また「その人」もちょっとさみしいんじゃないかな?って。

特に「退職」なさった方には、
退職後の最初の「お正月」には「がんばってきた証」としても、
まとめて「転送」してあげて欲しいな。

って思ったりするのです。

「めんどくさい」が伝わってくることがあります。

「返送」なんかは、あって当たりまえなんですが、
「受取拒否」の赤文字や
「もう送ってこないでください」の電話が
お正月早々、それなりの数入ってきます。

「返送事務」が面倒だったり
「必要のない葉書」と判断したり、

その人にとって「めんどくさい」モノが着いたから
そのような対応になるのでしょうが、

けっこうダメージ受けます。(苦笑)

だって「お名刺交換したから」その会社宛てに
年賀状を送ることが出来たのに、
その会社から「迷惑だ!!」って言われてる感じがするから・・・

「年賀状」は基本的に「個人間」で行き来するモノだと思います。
でも、「その個人」に届けるために「会社宛て」というのは
不向きなモノになってきているのかな?とも感じちゃう。

僕は「せっかくお知り合いになれたから」と送っているのですが・・・

多くの会社は「人脈は宝だ」って言うと思います。
が、この場合「自分から切り離す」ようなことになってます。
配送物取り扱いの「ルール」かも知れませんが、
「受け取りを拒んだ」事実は相手にも伝わってしまうんです。

すごく丁寧な会社もあります。
わざわざ「担当替え」のご挨拶があったり、
転送の上、退職のご通知を別でわざわざ下さったり・・・

ステキな会社だなぁ。。

って思いますし、ステキな会社は
そういうエピソードと共に、人に紹介したくなります。

郵便局ですら。。。

以前僕が勤めていた頃、
「年賀状」は「異動先」にまで届いていました。

(今思えば、もしかすると僕の異動が狭い範囲だったことと、
その時々の「事務」の方の配慮が行き届いていただけかもしれませんが)

でも、「転送される事」に対し「疑問」すら持っていませんでした。

だって「年賀状」という「自分たちの商品」を買ってくれた上に、
「郵便局員である僕」に送ってくれている・・・。

コレを「返送する意味」がよく分からないから。
だって「お給料」の元だし。

「返送」したら、「宛先」から削除され、
「購入数が減る」につながる。。。

となると、

「郵便屋さん宛て」はどこまでも転送され「到着する」
ものと勝手に思ってました。

が、独立後、「当たり前に返送される」ことに
案外びっくりしました。。( ̄△ ̄;)

ということは、、、

僕も「在職中」知らない間に「返送」されていたんでしょうか?(汗)

「当人」が知らない「つながりの切断」も
あり得るという事ですね。

ちょいとさみしくなる毎年の「小正月」あたりの出来事です。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

ライズマーケティングオフィス株式会社
田中みのる

ホームページ http://www.minoru.co
フェイスブック facebook.com/tanakaminorurise
ツイッター twitter.com/minorurise

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*