TVで紹介された「すべり台」での注意書き。ほんとのターゲットは誰?

カテゴリー:
タグ: ,

今、時速285kmで東京に向かってます。

「新幹線」は、
今年の3月のダイヤ改正で
数十年ぶりかに

時速270kmから285kmに最高速度をアップさせたんですよね。

「カーブ」の通過の技術革新のおかげなんだそう。

昔作ったレールの上でも
長い歴史の中で生まれた技術が
より安全に便利になっていくのはスゴイことですよね!

 

こんにちは 田中みのるです。

 

日本一速いすべり台

先週土曜日(2015年11月21日)夜にフジテレビで

「日本一速いすべり台は時速何キロ出るのか!?」

って企画がありました。

そのコーナーで日本各地の「速い」すべり台を
スピードガンを使って体験計測したんですね。

で、

時速50km(!?)の記録をたたき出してしまった
すべり台がコチラ

【須磨離宮公園のすべり台】
公園の「階段」に併設。無料。

日本一速いすべり台、コンクリートがつるつる。

コンクリートがつるっつるでした。

厳密な計測でもなく「バラエティ」の企画ですから
「日本一うんぬん」はさておき、

なかなか迫力のある

「ジャンピングすべり台」でした

「ジャンピング」ってのは、
すべり台の途中で、「平面部分」がありまして、

体重の軽い子供や、
「スピードに乗って滑り下りた」人は

ぽんっ。

っとカラダが浮くのです。

当然、マンガのようには飛びませんが、
確実にお尻は浮きますので
なめてかかったオトナ
にはかなりの恐怖です。

 

子供たちは楽しい!

そこで遊ぶ子供たちは、

相当楽しいようで、
結構な階段を何度も登り、
何度も滑り下りて遊んでいました。

中には、段ボールなどをお尻の下に引いて、
更なるスピードアップと、ジャンプのスリルを
楽しむ子もいて、見ていてハラハラする
「妙技」も目にしました。( ̄Д ̄;)

 

本来たぶん「減速用」

そんな構造のすべり台ですが、

あの途中の平面は、
本来「減速用」に作った気がします。

長いすべり台ですし、
角度もそこそこありますんで・・・

でも、コンクリート製のすべり台は
何年も

「みんなのお尻」

で研磨した結果、
当初の想定になかったカタチに
「完成」されてしまった。みたいで。(笑)

 

注意書き

オトナは基本的に「下で」待ちます。

下から見た写真はコチラ

日本一速いすべり台。注意書き。

ちょっと「注意書き」が違うのです。

なんで「大人の方へ」なのかというと・・・

子供が楽しそうで、

「ちょっとやってみよう」

ってなると・・・

かなりの確率で

「着地に失敗」します。

ハデに転びます。

結構な速度で、ゴールに放り出されます。

「ヒール」が細かったりすると、
砂に刺さって、前につんのめるように転びます。

間違いなく恥ずかしいです。。。

だから出来た「注意書き」だと思います。

「ターゲット」を意識するって大切。(;´д` )

んー。

もっと「具体的に」注意喚起してもいいかも。(笑)

 

今日も最後までお読みいただき感謝です!!!

ライズマーケティングオフィス㈱
田中みのる

Facebookで毎日の活動記録中。
facebook.com/tanakaminorurise

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*