「?」の付く 『キャッチコピー』で 「販促コミュニケーション」につなげる

カテゴリー:
タグ: ,

今週は東京スタートです。

朝晩はホント涼しくなりました。
過ごしやすいっすよね!!

さて、一旦関西に戻り、
また明日は東京!
ん~~~。行ったり来たりは変わらず。(笑)

こんにちは。
田中みのるです

 

街を歩いていて、

「広告物」が目に入ると

脳内ディスカッションがつい始まります。(笑)

風景化するキャッチコピーはダメよ

「オータムフェア」に反応する人とは・・・?

 

風景化するコトバ

「その時期」によく出てくるコトバってのがあります。

写真の「オータムフェア」もその一つ。


もう少し季節が進むと、

「冬の大バーゲン」 とか
「ウィンターセール」 とか増えてきそうですね。

すべてがダメとは言いませんが、
「どんな業種でも使えそうな言葉」は
「風景化」が起こりやすいのです。

実際、写真のポスター、
遠目では業種もいまいちわかりませんでした。

風景化しやすいコトバは
目に、耳に入ってもココロに残らないという現象が
起こってしまいます。

 

「良くあるコトバ」の使い道は?

 

「すべてがダメではない」理由としては、
「サブキャッチ」(付記)には適する場合がある。
ということです。

 

例えば、

運動会シーズンに『お父さんお母さん』から
良くあるご要望にお応えしました
~ プロの仕上がりが 今だけお得価格! ~

とか、先に書いておいて

「オータムフェア 10月18日まで」

などと付記すれば、最終的なお得感で
問い合わせなど「その先」につながる可能性が出てきます。

 

遠目に「オータムフェア」だけが先に目に入ると、
「何屋さん」かも気にされず、
読み飛ばされることが出てくるのです。。。

 

まずは「分かりやすく」

先の例では「お父さんお母さん」が
反応するような例です。

運動会に参加する予定がある
お父さんお母さんの「目に留まり」
読んでくれるかもしれません。

「ターゲットに気づいてもらう」ことが
キャッチコピーの大事な役割です。

 

「販促コミュニケーション」に持ち込む

さらに「キャッチ」の作り方で
わりとオールマイティーなのが

「呼びかけ」を含む「?」(クエスチョン)を使う
作り方です。

2つ例を挙げますね。

 

①「知ってましたか?
プロのビデオと素人のビデオの差は
○○の違いだけなんです・・・」

 

②「まだ持ってないんですか?
撮影が絶対ラクになる1押しアイテム」

 

この2つは知り合いのカメラショップが
「看板」に書いて大成功したキャッチコピーです。

どちらも「問い合わせ」「販売」が3倍以上になりました。

 

ポイントは、キャッチで「その先」に興味を持たして
「コミュニケーション」に持ち込むことなんです。

売り上げは「コミュニケーション」の先にあります。

ただ単に、モノやサービスが欲しい人は

ネット検索で見つけます。
そんな時代です。

 

「キャッチコピー」は「今気づいてない欲求」を
呼び起こすモノなのです。

「潜在欲求」という表現もありますね。

それを呼び起こすのに、
「?」を使って呼びかけ、
都合のいいQ&Aのコミュニケーションを
準備して「販促シナリオ」とするのです。

 

ちなみに①は
「カメラを動かさずに1カット10秒以上撮る」
ことだそうです。
そうすることで、後の「編集」が圧倒的にラクなんですって。

②は「1脚」です。運動会などでは3脚よりも
「1脚」(いっきゃく)が使えるシーンが多いとのこと。

細かく聞いた時、けっこう「へぇ~~」って言いました。(笑)

 

おまけ

これも
「Q&A」コミュニケーションの「販促」ですね

心理テストのPOP

あなたはどれを選びます?

 

それぞれの
解説は・・・

 

 

心理テスト解答

恋のカン違い度って・・・(^^;)

 

最終的に「心理学」系の本に興味を持ってもらえば・・・
ってわけですね。

 

ただ売り込むのではなく、

お客様と「コミュニケーション」するキャッチや販促物
いっぱい考えてみてくださいね

今日も最後までありがとうございました!!

ライズマーケティングオフィス㈱
田中みのる

 

今月は東京で一般申し込みが出来そうな
セミナー情報が一本ありました。
場所とタイミングが合えばご来場くださいね~(-^〇^-)
大塚商会さま展示会イベントご紹介ページ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*