販促物の「役割」を考えてみる ~「看板」編~

カテゴリー:
タグ: ,

始発の新幹線は久しぶりでした!
今日は東京にて朝からのお仕事をこなしていました。
早起きはけっこう得意です。(-^〇^-) 

こんにちは。田中みのるです

今回は

「販促物の役割」について
書かせてもらおうと思います~!

まずは看板。

 

看板

「看板」とはどんなものでしょう?

材質、形、掲出場所、等々
ひと言では言い表せないですよね?

それでも大きくひとくくりで表現すれば、

「移動者に見てもらうもの」

と言えそうです。

道行く人に「見てもらう」ことが
大きな目的の一つでしょう。

ですから、「場所」によっては
びっくりするような広告料がかかります。

ちなみに

「日本一高額」と言われる
渋谷の一等地の屋外広告は

2週間で2000万円(製作費込み)とのこと。

屋外看板 高額 日本一 渋谷

たぶん日本一広告料の高い屋外看板たち・・・

ここまで来ると、
掲出の意味合いが違ってきますが。(^^;)

とにかく「看板」は道行く人に情報を発信するツール
だということです。

 

看板の役割

販促物には「役割」が必要です。

なにも高額な広告料を支払わなくても、
店頭に設置できれば、材料費だけですよね?

現に、ホームセンターなどで、
簡易的な看板はいろいろ売ってます。

そこに「情報」を書きこむのです。

ちゃんと意図をもって。

 

意図を持つ

街中を歩くといろんな看板がありますよね。

飲食店の前には必ずと言っていいほど
「立て看板」があります。

看板にはメニューと金額が載っていて
おいしそうな写真がそえられていたりもします。

良く出来たものもいっぱいありますね!

ですが、発信する情報が、
ただ「商品名」と「金額」だけだと
もったいないですよ。

それだけだと、「入店しにくい」人も
いるかもしれません。

「常連さん」はきっと看板がなくても入ってきますよね?

新規のお客様が「入りやすくなる」
もっというと「入りたくなる」ような情報を
盛り込んでみてほしいのです。

じゃあ「何を書くのか」
すこし迷うところですね。

 

誰がうれしい店なのか?

自身のお店の品ぞろえの特徴を考えてください。
どんな人をターゲットにしましたか?

あなたのお店に入店して喜ぶ人は
どんな人ですか??

それを「看板」で
道行く人に教えてあげてください。

「入らないと分からないこと」

を伝えてあげてください。

「正解」なんてありません。
「まずはやってみる」が大事です!!

看板 食べ放題OKの意図 

「たくさん食べたい人」がきっと喜びますよね。

看板は自身が提供する商品やサービスに
お客様を導くため
「情報発信」する道具なのです~

 

長くなりますので、
今回はここまで。

また、近々「つづき」を書きたいと思います!!

最後まで読んで下さり
ありがとうございました!!
 

ライズマーケティングオフィス㈱
田中みのる

 

会社フェイスブックページもよろしくお願いします!
https://www.facebook.com/risemarketingoffice

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*