なぜ「ターゲットを絞る」べきなのか?

毎日本当に暑いですよね。

言っても仕方ないのに「暑い!」と

ついつい口から出てしまいます。

 

こんにちは

田中みのるです。

 

そんなに暑いのに

今日のお昼ご飯は「チゲラーメン」を食べました。(^^;)

 

昨日、「食べよう」として向かった

近所のラーメン屋さんが、閉まってまして。。。

休業の張り紙

よく見たら「昼」の文字が間違えている。。。
たぶん海外からの留学生さんが書いたね(^^;)

そこが開いていたのでつい行きました。

さらに汗だく。。。(;´д` )

 

男の○○

 

最近「男の大福」とか

「男のプッチンプリン」とか

「男の日傘」とか

あえて「男性向けに開発した」ことを

ネーミングでアピールする商品が増えてきたように思います。

 

僕は甘いモノが苦手なので(意外がられますが・・・)

大福もプッチンプリンも反応しません。

日傘もいりませんね。

雨傘すら持ち歩くのは面倒と感じてしまうもので・・・

 

でも、僕の出張カバンにはコレが入ってます。

ファブリーズMEN

男性向け消臭スプレー(出張の必需品)

 

汗っかきなのもありますが、

タバコや食べ物のニオイも軽減してくれるとなると

出張カバンには入れておきたくなります。

 

このシリーズに「MEN」つまり「男性向け」

見つけた時、

「こんなのあったんだ~」

ってつぶやきましたね。(笑)

なぜターゲットを絞るのか?

 

誰もが使いそうな商品やサービスでも

ターゲットを絞ってアピールしようと思ったら、

その「ターゲットの興味はドコ?」

と考えますよね。それが大事なポイント。

 

同じ消臭スプレーでも、

「出張の多い男性向け」にアピールするなら

何を強調しようか?って考えます。

実際、このスプレーの裏の説明書きには一行目から

「オトコのニオイに効く!」

と始まってます。(笑)

 

伝えたいことが絞れない時ほど

まずはターゲットを絞ってみるといいですよ!

 

「メインターゲット」以外に売ってみる

 

新しいアイデアが欲しい時なんかは、

あえて「本来のターゲット」をはずして考えると

新たな切り口が見つかるかもしれません。

 

「男のスイーツ」もそんな切り口から生まれたはずです。

スイーツのメインターゲットはやっぱり「女性」になりますもんね。

 

あなたの商品やサービスの売り方、

「こんなのあったんだ~」

というような、
「新たな切り口」が見つかりますように!!

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます!!

明日は晴れの国「岡山」で汗をかいている予定です!(笑)

ライズマーケティングオフィス㈱ 田中みのる
http://www.minoru.co/

 

 

 

コメント

  1. タカハシフトシ より:

    いつも楽しく勉強させてもらってます♪
    これ、買おうと思ってたやつ…(笑)

    • minoru より:

      タカハシさま
      いつもありがとうございます!!
      コレ、効きますよ!!(笑)

  2. 里内克巳 より:

    豆腐にも有りました、男の…。

    • minoru より:

      里内様
      そうですねアノ業界にもいろいろありますね!
      「ザク豆腐」とかも・・・(^^;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*