文化の違いは「気遣い」で埋めれると思う!!!

カテゴリー:
タグ:

先週末のブログ

土用の丑、うなぎかナマズか?をテーマにした
『「口実」での成功例』
http://www.minoru.co/2015/07/24/eel-catfish/
たくさんアクセスいただきありがとうございました~~

「うなぎのかば焼き」あなたは食べましたか?

アレ、東西で違うんですよ~~。

 

こんにちは。田中みのるです。

 

「ウナギのかば焼き」東西の違い

 

細かいコト言えば「焼き方」も違うんですが、

よく言われるのが「背開き」「腹開き」の違い。

 

関東では「背開き」が主流。

どうやら「切腹」を連想させるのがイヤで広まったそう。

関西では「腹開き」。

商人が「腹を割って話す」ようにとのこと。

また一本モノで提供するとき関西では

「アタマを落とさず」出すのが習わしなんです。

 

 

東と西で違うものたち

 

他にも料理には味付けも含め東西で違うものいっぱいありますね。

料理以外にも、エスカレーター、左右どちらに立ち止まるかとか、

路線バスの乗り方、線香花火だって東西で違うんですよね。(^◇^)

 

全国各地にお仕事で訪問すると、

「あ。ここにも違いがあるんだ」って気づくこと割とあります。

 

面白いところでは

公衆浴場の「洗面器」のサイズが違うのってご存知でした?

 

結論から言うと、関東は大き目、関西は小さ目なんですよ。

東急ハンズでも売ってますが、

 

「ケロリンの洗面器」は
関東向け、関西向けでサイズが違うんです。

ケロリンの風呂桶、東西でサイズ違いを明記して売ってます

ケロリンの風呂桶、東西でサイズ違いを明記して売ってます

出典:東急ハンズ通販サイト

 

公衆浴場の洗面器の定番「ケロリン桶」って言われても、

若い人は分かんないかも・・・?(^◇^;)

 

これが広まったのは「たくさん人が集まるところに広告しよう」

って考えてのことだったそう。

で、なるべく長持ちするように「耐久性抜群」を目指したようです。

内外薬品さん。さすが!!

で、なんで関東は大き目、関西は小さ目かというと・・・

 

関西が「小さく」なったようです。

かかり湯なんかで、関西では湯船から「直接」お湯をくむ文化が根付き、

洗面器が大きいと「重くて持ちにくい」から

小さくなっていったみたいです。

たしかに、子供の頃から銭湯はよく行きますが、

何気なく湯船からお湯をくんだりしてましたね。

 

でもコレ、気を付けないと、

関東だと嫌がられているかもしれません。

直接湯船に洗面器をつけないでほしいって感じるかも・・・

「自宅の風呂」ではないのですから、気遣いをしなきゃね。

自分の子供たちにはそんなことも教えたりしてます(笑)

 

 

気遣いが大切

 

公衆浴場だけでなく様々な場面で、マナーって大事ですよね。

つまり他人を「気遣う」ことが大切なんですよね。

次の人のため。とか、周りに配慮して。とか・・・

 

そう「考えるようにする」と文化の違いで気づかないコトはあっても、

「間違った行動」は減るような気がします。(^◇^)

 

 

 

エスカレーター「歩かないで」キャンペーン

 

鉄道各社が先週21日から

「みんなで手すりにつかまろう」ってキャンペーンしていますね。

鉄道各社が掲出していますね

鉄道各社が掲出していますね

関東は左側、関西は右側。ではなく、

みんな立ち止まりましょう。とのこと。

「安全のため」と聞くと、そりゃそうね。って思います。

でも、この一週間、意識して各地でエスカレーター見ていますと。

「急ぐ人のため片側を空けている」のが多くみられました。(^^;)

 

身体の不自由な方とか、小さなお子さんを連れている方も

片側を空けている人多かったですね。

 

その横を駆け下りたりする人がいると、コワいでしょうね。

(そんな人もなかなかいないと思いますが・・・)

 

この「片側空け」文化、

なかなか改善されないかもしれませんね・・・

だってこのキャンペーン、

2010年から始めて、5年目なんですよね・・・(;´д` )

 

 

僕、いつも大きな荷物を転がしています。

重量はだいたい20kg(苦笑)

 

もしエスカレーターで落としたりしたら、事故につながります。(^^;)

「安全のため」ぶつかられないようにも気遣いしなきゃ!です。

 

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます!

 

ライズマーケティングオフィス㈱
田中みのる

 

 

コチラブログ過去記事一覧です
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://www.minoru.co/blog/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*