「便利なもの」ならば「どこでも使える」ようにしてほしいなぁ・・・

カテゴリー:
タグ:

「桃太郎電鉄」をゲームでプレイしたことありませんが、

リアルの世界で結構「桃電」的な活動を行ってます。(笑)

はい。今週は東京、埼玉、仙台、とめぐりまして、

再度東京、土曜日には大阪でのお仕事で締めくくり。

充実しております。感謝!!o( _ _ )o 

 

陸路ラブ!!(^^)/

 

普段の移動で一番お世話になっているのが

「新幹線」つまり陸路です。

明らかに飛行機の方がラクだし早い場合もあるのですが、

台風や霧などの「天候」により「飛ばなかったり」

「降りなかったり」がとっても怖くて、
(だって仕事先に「到着」しなかったらシャレになんないっすから)

「時間的」に到着可能なら「陸路」が優先されます。

 

もちろん状況に応じて、

レンタカーやフェリーすら活用する場合もありますが。( ´△`)

 

・・・そういや以前、飛行機+レンタカー100kmなんて移動も

経験してますね(笑)

 

チケット取るのも便利な時代

 

普段の新幹線のチケットはいつもネット予約です。

主にスマホで。ホントに便利です。

座席指定も自由ですからね。

僕は、「車両の一番後ろ」が好きです。

いつも多い荷物を座席の後ろに置けるから。(笑)

 

「みどりの窓口」に常に並んでいたのが

今では不思議です。( ̄◇ ̄)

 

・・・でもね、JRさま。。。

「管轄会社が違う」と「取扱いできません」てな

システム構造はいかがなもんでしょう・・・

いや、「分割民営化」にまつわる「いろいろ」が

あるんでしょうが、利用者としては、

「JR」は「JR」なんですよね・・・

 

「JR西日本のカードで取ったチケットは

JR東海・JR東日本など別会社の券売機では発券できません。」

 

当初、「はぁ???」って思いました。

いまはもう慣れましたが。(笑)

 

今、並んでいるみどりの窓口や券売機が「どこの管轄か」

あんまり気にしている人いないと思います。

ネット予約システム利用者のみなさんは

けっこう混乱してると思うんですけどね・・・

 

ICカード「共通システム」構築へ

 

昨日(2015年7月15日)

ICカード普及のための国交省の有識者会議にて

2020年までに全都道府県の公共機関で

主要カード10種類が使えるように

空白地帯を無くす!ってのを目指すそうです。

現時点でのISカード相関図はコチラ

 

交通カード相互利用関係(2015年4月12日現在)

交通カード相互利用関係(2015年4月12日現在)

出典:ウィキペディア

 

僕はいま、ICOCAとSuicaとPASMOとPiTaPa

4種類のカードを使い分けてます。

ICOCAとSuicaとPASMOとPiTaPa なのです

ICOCAとSuicaとPASMOとPiTaPa なのです

あ、「お遊び」でシール張ってますけど。

どれがどれか「色調」で案外見分けがつきます(笑)

 

もしシステムが共通になったら、基本1枚で済ますでしょうね。

残高足らずをカバーするためでも多くて2枚。

 

会社側の都合もあるでしょうが、

「利用者」の便利を優先することが大切だろうなぁ。

そう考えます。

迷ったときは「どっちがお客様に支持されるか?」

を考える思考、大事にしたいっすね!

 

いや、少々不便でも僕は「新幹線」支持しますがね!(笑)

 

あ、以前「ICカードに張り付けるシール」
を「お店の会員証」にすれば、
失くされずいつも見てもらえるかもね?
な「つぶやき」をしました。
https://twitter.com/minorurise/status/608511291339239425
ツイッターなさってる方、フォローいただけると嬉しいっす!

 

今日も最後までお付き合いくださり感謝です!

ライズマーケティングオフィス
田中みのる
http://www.minoru.co/ 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

ぜひ下記の記事も合わせて読んでみてください。