要は「個人的にどうしたい」が重要なんですよね。

カテゴリー:
タグ:

基本的にアナログ人間と自負してます。
こんにちは田中みのるです。

「暑中見舞い」って出しますか?

僕はけっこう出しているほうだと思います。( ̄◇ ̄)

 

もはやいらないかも?と思う日本の風習

画像:いらない日本の風習

もはやいらないかもと思う日本の風習トップ5

TV番組で、
「もはやいらないかもと思う日本の風習」というテーマで
次の5つがあげられていました。

1 お中元
1 年賀状
3 お歳暮
4 暑中見舞い
5 孫の日

 

上から4つ、
前職でがっつり絡んでいましたわ・・・( ̄Д ̄;)

 

「個人的に」が大事

人によっては

「そうそう!!!」

って思った人と、

「え?必要でしょう??」

って思った人様々だと思います。

 

「仕方なく」している人は
「こんな風習無くなればいいのに・・・」

と思うでしょうし、

「それを活用」している人は
「これはこれで必要じゃん」

と思うでしょう。

 

以前、「虚礼廃止」の名のもと
仕事関係者へのお中元・お歳暮の類は禁止!!!

ってお触れが出たことがありました。

一律禁止ってのも変な話だな~~。

って思ったのを覚えてます。

 

それ自体の良し悪しを語る気はありませんが、

つまりは、

「個人的」にしたいか?

が大事なんですよね。

 

ごあいさつ

僕は、年に2回のごあいさつの意をこめて

年賀状と暑中見舞いを毎回出してます。

たくさん出しているので、名簿のメンテナンスとか大変ですけどね・・・(汗)

今回も「暑中見舞いの図案」どうしよう。。。

と、悩み始めています。

ちょっと笑顔になってもらいたいな。といつも悩みます。。。

画像:かもめーる4面連刷

暑中見舞いのハガキ 4面連刷

あ、知ってました?

暑中見舞いのハガキも年賀状も
通常の官製(?)はがきだって
「4面連刷」っていう
4枚のはがきが一枚のシートになっていて、
後で切り分けるタイプのものがあるのって。

印刷のコストが下がりますからね。

印刷会社さんはよっぽどのことがない限り、
「コレ」を使っているはずです。

個人だと「切り分ける」のが大変かもしれませんが・・・(^^;)

 

とにかく今年もたくさん出します~

ちなみに「暑中見舞い」の時期は

①梅雨明けから立秋の前日まで

②夏の土用(今年は7月20日~8月7日)~立秋の前日まで

③小暑(今年は7月7日)~立秋の前日まで

と3つの説がありますが、

本来、

「暑い時に『お元気っすかお身体ご自愛くださいね』
って相手をねぎらう」

ためのものですから、

相手方の暑さのピーク時にあわせるのが正しいんでしょうね。

いずれにしても、

立秋(8月7日)を過ぎると「残暑見舞い」になります。

 

・・・そういえば以前、

あんまりにも遅くなって、「初秋お見舞い」として
出すことになった年がありました・・・

今年は「いいタイミング」で出すようにします。(^^;)

 

 

他にもいろいろ情報発信しています
ホームページにもお立ち寄りくださいね~
http://www.minoru.co

ライズマーケティングオフィス
代表取締役 田中みのる

 

コメント

  1. 里内克巳 より:

    年二回の感謝の気持ち、礼状は大事ですよね。
    なんでもメールで済ましてしまう昨今、嫌です(・_・;

    • minoru より:

      「形に残るもの」ってそこにこもるものがたくさんありそうで、
      イイですよね!!(*^▽^*)ゞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*