ギリシャ国民投票の結果は誘導されてないかな?

カテゴリー:
タグ:

基本的に楽観的なタイプです

こんにちわ田中みのるです

 

ギリシャの国民投票の争点は??

多くのニュースフィードで皆さま大枠は耳に入ってますよね。

「反対」が多数で可決。

 

投票は、
EUの財政再建案を受け入れるかどうかについて
賛成か反対かを問うものでした。

EU財政再建案への投票

写真:毎日新聞  EU財政再建案への賛成・反対その先

でも、EUの財政再建案をよく分からないまま「投票」
した人が多かったんじゃないかな?

と思う。

それに、「反対」に票を入れてほしい大統領は

「ギリシャの尊厳のためにEUへ『反対』を突き付けよう!」

みたいなことを訴えていた。

 

・・・なんか、「大阪都構想」の住民投票を
ふと思い出してしまいました。(^^;)

あの投票も投票直前は

既得権益を維持したい側(それだけでもないでしょうが・汗)は

「この歴史ある『大阪市』が消えていいんですか!?
大阪都構想にNOを!!」

みたいな発言が多かった・・・(;´д` )

大阪市がなくなるわけではないんですがね。。。

 

結果、「社会的弱者」の層が多く「反対」に回ったとか・・・

なんか今回の「ギリシャ」も若干印象がかぶります。

 

これは「誘導」じゃないかな・・・

そして、ちょっとびっくりしたのが

今回のギリシャの国民投票の用紙。

受け入れについての賛否の欄が

通常とは「逆」の配置だと思うんです。

普通、「賛成・反対」や「YES・NO」など

「賛成側」が先に記載されそうなモノですが、

ギリシャ投票用紙

ギリシャ国民投票の投票用紙。「反対」が先に記載

上段が「オヒ」(ギリシャ語でノー)」、
下の段が「ネ」(ギリシャ語のイエス)」

の表記になってます。

また、僕はギリシャ語は読めませんが、
投票用紙の文章内に、今回のEU案について
詳しい説明は書かれていなかったそう・・・

とりあえず投票所に行って投票した人は
心理的にも「上の段」に印を入れやすかったんじゃないかな。。。

予想より大差で「反対」

投票結果は

反対票が61・31%
賛成票が38・69%

と反対が賛成を大きく上回りました。

ま、いろんな思わく、駆け引きもあるんでしょうが、

あの「投票用紙」も

この結果に影響与えてると思うんですけどね・・・(+_+)

 

とにかく「この後」がギリシャ大変でしょう。

他にもいろいろ情報発信しています
ホームページにもお立ち寄りくださいね~
 http://www.minoru.co

ライズマーケティングオフィス株式会社
代表取締役 田中みのる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*