ペッパー君とのコミュニケーション。その向こう側・・・

カテゴリー:
タグ:

すれ違う会話も時には楽しいですよね。

こんにちわ

田中みのるです。

ペッパー君とのコミュニケーション。その向こう側・・・

先日、ペッパー君と立ち話をしてきました。
673A211A-8EBC-4310-93CF-56F1FB950F18

僕のコトバは、ちょっと聞き取りにくかったみたい。(≧ε≦)

ですが、朝ごはんの話しとか、
毎日の活力についてとか・・・

思ったよりなめらかな受け答えでした。

このペッパー君
ちょっと足元で音がすると、
「ん?」と自分の足回りをのぞきこみ、
案外、神経質なトコありましたね(笑)

 

1分で1,000台完売

さて、「ペッパー君」
初回生産の1000台が
web注文受付直後、
1分間で売り切れました。

本体価格は198,000円。

でも、実際はアプリダウンロードと修理保証で
別に月額25,000ほど必要のようです。
次の注文受付は7月31日。
peppa--
http://www.softbank.jp/robot/special/pepper/

ソフトバンクのホームページ。

 

「時代は静かに、いつの間にか変わる。」

 

孫さんらしいコトバだな。って感じますし、
実際その通りだと思います。

時代はとてつもない速さで進化している。

マーケティングの世界も「これをやってりゃ大丈夫」
なんてものはありません。

今現実に何が起こっているか?
そしてこれからどうなっていくんだろう?

考え続けなきゃいけない時代です。
それもスピード感をもって。

例えば、

ペッパー君の野望って何だろう?

って考えてみる。

 

雰囲気を学ぶ機能

だって、他にランニングコストがかかるにしても、
「198,000」の本体価格は安いと思いません?

ペッパー君はロボットで初めて「空気を読む」機能を
搭載したそうです。

つまり「感情」を持つようになっていく。

人との会話から「感情」を学んでいくんだそう・・・

コミュニケーションから学習していくってことですよね。

各地での話し相手は
ちっちゃな子供かもしれない
少し耳の遠くなった高齢者かもしれない
無口なビジネスマンかもしれない
おしゃべり好きの女子高生かもしれない

 

ペッパー君同士はクラウドでつながって、
そのコミュニケーションの学習はものすごい速さになるようです。

もしかすると、ちょっと「お安く」提供することで、
会話のログを貯めたかったのかもしれませんね。
(個人情報的なトコのややこしさを考えるとどうなんだろ?が増えますが・苦笑)
 

デジタルコミュニケーション

でも、このあたりのノウハウが蓄積されれば、
会社の受付や駅の案内、電話応対などかなりの「応答業務」を
「人間」に代わり出来るようになる。

「ナビゲーションシステム」も会話型に置き換わるかも?

実現しつつある「自動運転」にもきっと「会話」は必要。

ネット家電なんかも現在は「設定」が大変だけど、
そのうち「電話で話す」と、

外出先からのエアコンON、お風呂張り、
セキュリティだってコントロールできるようになりそう。。。

 

日本に必ず訪れる、
超少子高齢化の未来を救うのかもしれない・・・

ペッパー君は
未来の「デジタルコミュニケーション」の
ベースを作っているのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*