「助詞の悲劇」 ~ 言葉選びのちょっとしたコツ ~

カテゴリー:
タグ: ,

「笑顔」が増えると景気が良くなる!と
ガチで信じている田中みのるです(笑)

今年は過去最高のペースで夏日を観測しているそうで、
初夏と言われるはずの時期に真夏の暑さがやって来てますね。

仕事帰りのビールもおいしい季節ですよね~

ビール

とりあえずビール?

居酒屋さんなど「呑みに行った」時

ちょくちょく聞くセリフ

「とりあえずビール」

ま、若い世代ではもう死語かもしれませんが、

僕らくらいの世代までは、よく聞いたフレーズです。

 

まだ、この表現はいいとしましょう

ですが、他にもよくあるセリフの、

 

「とりあえずビールでいい?」
「ああ。まずはビールでいいよ。」

 

ってのもありがち・・・

でもこれちょっと「ビール」に失礼かもしれません。(笑)

「助詞」の悲劇

「助詞」は 俗に「てにをは」っていわれるアレです。
(ひどい説明でごめんなさい。詳しく知りたい方は「辞書」をどぞ)

 

日本語の助詞ってのはただでさえ曖昧なもののようです。

なのであんまり目くじらを立てる必要はないのですが、

ちょっと使い方を気にすると「ステキな表現」になる場合もあるのです。

今回取り上げたいのは、

 

「 ~ でいい」

よりも

「 ~ がいい」

に言い換えてもいいんじゃない?

 

ってお話し。

 

「ビールでいい」

よりも

「ビールがいい」

と言うと、「ビール」もうれしいかな?と。(笑)

ヒトに置き換えると

「担当、だれがイイ?」

「田中でいいんじゃねぇ?」

・・・よりも

「田中がいいんじゃねぇ?」

はい。田中クン、ちょっと嬉しいです。(笑)

 

「も」でほめ上手になれるかも

 

あと、日常使えそうなコトバでは

「も」がステキ言葉になるかもしれません

 

「今日のネクタイ素敵ですね」

「今回の髪型なんかイイですね」

 

さらっと読んで特にへんなトコはないんですよ。

でもね、

「今日のネクタイ素敵ですね」

「今回の髪型なんかイイですね」

ってすると、

「以前」も肯定した表現になるでしょ。

 

いつもと違ったところをほめる時は

「も」

を使うと相手はさらにうれしいはずです~!

ではではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*