「やっぱりね」という感もあります。出来るだけ、いつも笑顔でいたいですね。

カテゴリー:
タグ:

Facebookは「投稿」の中の発言を
「ポジティブ」なものと「ネガティブ」なものに分け、

「ポジティブ」な発言の多い「ウォール」を演出されたユーザーと
逆に
「ネガティブ」な発言の多い「ウォール」を演出されたユーザーと

故意に「偏り」を出して、それぞれのウォールに
どのような「状況」が生まれるか実験したとのこと。

結果「偏りどおり」に発言が増減し、
発信者の発言が周りにも「伝染する事実を把握した。」
そうです。

Facebookのしたことの善悪は別として、
遠くまで声の届く公共の場では、
なるべくポジティブな発信をした方がいい。

と、実証された感じですね。

【MBS サンデーモーニングより 視聴感想】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*